「勤続年数3年以上」の審査基準は崩れてきているのに・・・・

「勤続年数3年以上」
これが大手銀行での住宅ローンの審査基準。
その為、3年以内に転職をしている人が新居を構えようとしても、勤続年数がネックとなり住宅ローン審査で落ちるというケースがあるようです。

大手銀行の審査部の思考はちょっと古い。
「住宅ローンをちゃんと返せる社会人は、終身雇用制度の会社で働いている」という高度経済成長期の基準をいまだに踏襲している。
だから転職経験者を審査で落としたり、合格させても金利を高く設定している。
ハッキリ言って、そういう銀行とは最初から付き合わないほうが精神衛生上良いでしょう。

今の時代は、キャリアアップの為に転職する人のほうがむしろ優秀。
終身雇用制度/年金制度が砂上の楼閣だと判明しているのに、転職しない人のほうがリスクが高いのですが・・・
日本の大手銀行はリスク回避を第一優先にしているので仕方ないですね。

ネット専業バンクは大手銀行とは審査基準が違う

新規で住宅ローンの取り扱いを始めたネットバンクや新設銀行は、旧体質の大手銀行とは審査基準が異なります。
ですから、転職経験者は次に紹介するような銀行の方が相性が良いはずです。
まずは資料請求&仮審査を通してみましょう。

転職者の方に有利なレートを出す住宅ローンを紹介します。

おススメ銀行

銀行 コメント
【ARUHI(旧SBIモゲージ)】 金利が低く、住宅ローン審査基準も柔軟。 転職したばかりの人や自営業者や個人事業主にも人気です。 さらに、諸費用コストを徹底的に削減できるので、トータルの支払いを考えるとメリットが多いです。

事前審査制度を利用して金利や借入額を早目に把握しておく

転職後に住宅ローンを借りる場合は、住宅ローンの本審査前に融資の可否が分かる事前審査が非常に役に立ちます。

この仮審査制度は、事前に複数の住宅ローン会社を比較検討できるのがメリット。
住宅ローンの借入で損をしない為には、事前審査は必須です!!

金利や条件面を比較するだけでなく、事前に借り入れ限度額を把握しておく事で、正しい資金計画を立てられます。
また、ぶっつけ本番で本審査を通して落ちた場合、あなたの個信データに「本審査不適合」だった結果が記録されてしまいます。

そうなると、他社で申請をあげても「何か問題があるのではないか?」と審査が厳しくなります。
ですから、このような事態を避ける為、事前に複数の金融機関で住宅ローンの事前審査をしていただく事は重要です。
ハウスメーカー推薦の金融機関だけでなく、積極的に自ら金融機関を探してリスクヘッジしましょう。
それが自分の人生を自分でコントロールする転職者にとって、最適な住宅ローンの組み方。

転職者の住宅ローンのまとめ

大手銀行の場合、転職後3年以内の住宅ローンの借入には制限がある。
住宅ローンの事前審査を活用して、損をしない資金計画を立てる


住宅ローン探しに便利なサイトを発見!
転職直後であっても住宅ローン審査に通る見込みが簡単に分かるツールがあります。
借入可能額+金利+返済額が一目瞭然で分かるので使ってみましょう。


ページの先頭へ戻る