日本で家を持つ為には銀行を選ぶのが先決

日本で働く外国人の方が非常に増えてきた事に対して、外国人向けの住宅ローンを組む会社が増えてきました。

ただ、外国人が日本で住宅を取得しようとした場合、日本国籍・永住権が問題となります。
通常の銀行だと、融通がきかないので、そのような場合は外国人向け専門の住宅ローンを取り扱っている会社にお問合せするのがベストでしょう。

当然、英語によるサポート体制もありますので、詳細契約内容の交渉ごとは英語で行いましょう。
不動産ローンの契約事項って、法律的な事も加味されるので、非常に難解です。
母国語で契約できればありがたいですよね。

事前審査制度を利用する

住宅ローンの本審査前に、融資の可否が分かるから事前審査。
この仮審査制度は、事前に複数の住宅ローン会社を比較検討できるのがメリットです。
GE MoneyのようにTOEICのスコアやIT系資格で金利優遇があったりします。
住宅ローンの借入で損をしない為には、事前審査は必須です!!

本審査で住宅ローン審査に落ちてしまうと、個信データにあなたの「本審査不適合」だった結果が記録されてしまいます。
外国人の場合は、日本人より住宅ローンのハードルが少し高いので、一度そのような記録が残ってしまうと、他社で申請をあげても「何か問題があるのではないか?」と審査が厳しくなります。

ですから、このような事態を避ける為、事前に複数の金融機関で住宅ローンの事前審査をしていただく事は重要です。
積極的に自ら金融機関を探してリスクヘッジするのが、外国人の住宅ローンの組み方です。

おススメ銀行

銀行 コメント
【ARUHI(旧SBIモゲージ)】 金利が低く、住宅ローン審査基準も柔軟。 転職したばかりの人や自営業者や個人事業主にも人気です。 さらに、諸費用コストを徹底的に削減できるので、トータルの支払いを考えるとメリットが多いです。

外国人の住宅ローンのまとめ

外国人ウェルカムの住宅ローン会社と契約をする。
詳細な契約/交渉ごとで融通の利く銀行サービスを選ぶ。
今のところネット銀行を活用するのが一番!


住宅ローン探しに便利なサイトを発見!
職業×所得×勤務年数を入力すると、低金利のネット専業銀行を中心に借り入れ可能な金融機関が表示されます。
そこから、一括で仮審査の申し込みも可能なので、住宅ローンの比較に便利!


ページの先頭へ戻る