フラット35のデメリットは?

フラット35の最大のデメリットは、借り換えがきかず、ひとつの住宅ローンに縛られてしまうということ。
35年先の金利情勢などお釈迦様でもわからない。
それを現時点で決定するのは・・・
というのが、フラット35に対するイメージ。

細かい事をいうと、住宅金融支援機構が絡むから審査が遅くて、つなぎ融資を手配する羽目に合った・・・等というクレームも聞きます。

インフレ懸念が漂っている経済情勢なので、長期固定金利で計画的に返済計画を立てたい。
そのように考えている人はこの先をしっかり読んでください。

最近のフラット35事情

最近は情勢も変わり、従来までのデメリットは解消されている。

まず、フラット35には2種類あると考えてください。
1つは買取型。
そして、もう1つは保障型

後者の保障型のフラット35だと住宅ローンの借り換えが可能です。
その仕組みを説明すると、買取型は文字通り住宅金融支援機構による護送船団方式。

それに対して、保障型は民間金融機関が独自に住宅ローンを債権化できるようになったのです。
つまり、住宅ローン借り換え等の融通が利くようになったのです。
さらに、借入期間を20年にする事によって金利を抑え、総支払額を少なくする事も可能になりました。

おススメ銀行

銀行 コメント
【ARUHI(旧SBIモゲージ)】 金利が低く、住宅ローン審査基準も柔軟。 転職したばかりの人や自営業者や個人事業主にも人気です。 さらに、諸費用コストを徹底的に削減できるので、トータルの支払いを考えるとメリットが多いです。

「フラット35」のまとめ

フラット35の最大のデメリットである借り換え問題は解消された。
過去の情報に振り回されない事。
民間銀行の長期固定とフラット35を比較して、納得した上で決定するのがベスト。


住宅ローン探しに便利なサイトを発見!
職業×所得×勤務年数を入力すると、低金利のネット専業銀行を中心に借り入れ可能な金融機関が表示されます。
そこから、一括で仮審査の申し込みも可能なので、住宅ローンの比較に便利!


ページの先頭へ戻る