住宅ローン審査の目安は、転職1年後がベター

つなぎ融資とは住宅ローンを組む人(建主)にとっては、非常に腹立たしい言葉ですよね。
建主(お客様)を無視して、銀行側が一方的にリスクを回避をする事によって、建主(お客様)に負担がかかってしまいます。

問題点の根本原因は、銀行の住宅ローンは完成した建物を担保に融資をするという事。
でも、住宅を建てる為には土地購入・工務店との契約があり、建物が完成する前に多額の費用が発生するという事実。

銀行としては、建物が完成した後に融資をしたほうが当然リスクが低いので、事前にかかる費用は別途「つなぎ融資」という契約を結んでください。
という事なのです。

つなぎ融資が発生する代表的なケースは、下記3つ。

  • 土地を購入する場合 土地を購入資金。 当然、建物が完成してないので住宅ローンは利用できません。
  • 注文住宅の場合 建物を建てる時には着手金。 さらに、建築を担当する工務店にもよりますが、大抵の工務店では中間金が必要となります。 これも、まだ建物完成前に必要な資金になります。
  • 融資実行日と物件引渡し日が異なる場合 銀行によっては、融資実行日を建主(お客様)が決められないケースがあります。 融資実行日前に物件に引渡しが発生する場合もつなぎ融資が必要です。

つなぎ融資は条件が悪い

家が完成するまで住宅ローンが借りられない⇒つなぎ融資・・・
となるのですが、つなぎ融資は既に合意している住宅ローンとは別契約となる為、別途金利が設定されており、さらに別途諸手続きの手数料が発生します。
家が完成するまでに発生する費用を自己資金でカバーできるのであれば問題ないのですが、工事が始まってから「つなぎ融資」を借りなければならない事が判明した場合は、ドタバタと、あなたにとって不利な金利条件をのまされがちです。

そうなると、マイホームの資金計画が狂ってしまうので、事前の検討が絶対必要です。
銀行より審査の緩い、地元の信用金庫で手形貸し付けを段階的に進めて、最終的にローン化していくというような手もありますが、いずれにしろ手間がかかります。
最初から、つなぎ融資が不要となるような組み方をしてくれる住宅ローンもありますので、検討の一つに加えてみてはいかがでしょうか?

まとめ

つなぎ融資が発生するかしないかを、事前にチェックしておく事は必須
つなぎ融資は建主にとっては負担が重いので、つなぎ融資不要の住宅ローン会社と話しをしておく。

ページの先頭へ戻る