注文住宅を建てる時に気をつけるべき事

注文住宅で家を建てる場合、工務店との中間金の支払い契約があります。
一般的な住宅ローンだと、「つなぎ融資」と呼ばれる、「住宅ローン」に付随して別契約を締結し、工務店へ中間金を支払う事になります。

注意しなくてはいけないのが、その「つなぎ融資」の手数料や金利。
結構バカにならない金額ですよ。
余計な手数料や金利を支払うくらいであれば、注文住宅のオプションを一つでも増やしたいところ。

住宅ローンの組み方にはコツがある

注文住宅を建てる時の資金調達の目処って本当に大変。
土地購入資金、中間金、ハウスメーカーへの支払いと、右から左へとお金が流れていきます。
当然、家を建てれば家具も新調したくなるし・・・
住宅ローンに関わる手数料は1円でも下げたくなるところ。

一般的なローンでなく注文住宅に特化したローンであれば、注文住宅を建てる人の気持ちが解るので、交渉がスムーズですよ。
あなたの空いた時間は、素敵な家のプランニングに向けてください。

また、住宅ローンを選ぶときは、複数社に住宅ローンの事前審査を申し込んでください。
本審査前に各社の比較検討をして、最適な2本くらいに絞り込んでおくのがベストでしょう。

銀行 コメント
【ARUHI(旧SBIモゲージ)】 金利が低く、住宅ローン審査基準も柔軟。 転職したばかりの人や自営業者や個人事業主にも人気です。 さらに、諸費用コストを徹底的に削減できるので、トータルの支払いを考えるとメリットが多いです。

転職者の住宅ローンのまとめ

一般的な銀行の「つなぎ融資」は手数料が割高
住宅ローンの事前審査を活用して、損をしない資金計画を立てる

ページの先頭へ戻る